キャバクラについて

実際にキャバクラでボーイとして働いていた時の体験したことを書きます。
昔と比べて今はキャバクラ嬢というものに憧れて一日体験でくる女も増えてきました。店としてはとてもいいことなんですが、質がだいぶ落ちてきたように感じます。

一日体験で日銭だけ稼いでやめる女が多くこちらとしてはその場しのぎの女も必要なのですが、やはり客商売なので最低限のマナーや振る舞いを教えなければなりません。

なので店の顔になってくれる女がほしいのですがなかなかうまくいきません。キャバクラをやるような女は昼の仕事だけでは生活できなくて仕方なく夜もやっているという子はうちの場合では少なく、ただ楽しそうだとか玉の輿にのるためだとかそういう考えの子がとても多いです。

キャバクラにくる男でたまに本当にキャバクラ嬢に惚れる人もいますが気の毒としか言いようがありません。

なぜならうちの店には男はATMみたいな考えの女しかいなかったからです。例えば何かほしいものはないかと客に聞かれたら、AというブランドのAというバッグが欲しいといった言い方をします。そして別の客にも同じようにAというブランドAというバックが欲しいといます。結局それを色んな客にいうので同じものをみんなからもらう形になります。もらったら一つだけ残してあとは売るといった方法をとっている女がほとんどです。客はちゃんと自分のあげたものを使ってもらって嬉しいという人もいるので気の毒です。夢を見る場所と割り切るならいいかもしれませんが、裏を知っちゃうと女とは見れませんね。

キャバクラやクラブは精神的ハード

離婚して子供を養うために繋ぎで夜の世界に入ったことがありました。
クラブと高級な感じで店は宣伝していましたが中身はキャパクラです。最初は身なりはそれなりだったので
高い日給を提示されてノルマなしの条件でしたが時間がたつとだんだん店長から厳しい指導があり売り上げはあげれないときは日給もどんと下げられました。お客様に接客中触られたり無理やり酒を飲ませたりと頭ではわかった上で入ったのですが精神不安定になりました。しかし、前の旦那に借金を肩代わりしてた状況だったのでここで挫折するわけにいかず、1年後2~3年お店のナンバーワンとなりました。
ただ、子供に夜保育園いくの嫌、寂しいと懇願されて借金も返して気持ちもいっぱいいっぱいになったので辞める決意をしました。しかしながら、入るのは簡単でも辞めるのにはとても時間がかかります。
なんとかママと交渉し、辞めることができました。もう夜の仕事はしたくないですね。正直楽してお金を稼いでも出費も多い上、お酒で体を壊し大事な時間があっという間に過ぎて金銭感覚もほとんどの方が麻痺してます。
昼に戻り毎日を大事に生きていくとPCのスキルがあがったりお金の変わりに得るものも大きいです。
また、まともにお金を得たいという感覚になりました。まわりも辞めたい辞めたいといっても辞めれないのが現状ですね。自分で麻痺してることに気づいていないんです。まして夜で得た人脈もほとんど、夜の話や人として見てほしいのにあくまでホステスとして見てる。辞めても縁を生かそうと思っていましたがほとんど切りました。今では昼間出逢う方は一社会人として扱ってくれるので充実しています。

アットホームなお店に釣られて

“私が大学四年生の頃、卒業旅行の費用としてまとまったお金欲しさに水商売の求人を探した。
初めてだからラウンジでノルマ無しは絶対、できればアットホームなお店がいいなと探していたら、まさにノルマ無しで学生でも働きやすいアットホームなお店と書かれた求人を見つけた。
面接に行ったら、これまたお母さんのようなママが出てきた。とても優しそうで、ここなら働きやすそうと思い決心して働き始めることに。
初日にロッカールームで働いている女の子たちに挨拶をする。これまた言っては悪いがあまりお美しい方はいない。でも皆親しみやすい人ばかりで、まさにアットホームだな。と思った。
『ここなら働きやすそう』そう思いながら一ヶ月ぐらい働いた頃、自分の接客が良かったのか、同伴や指名が増えていき、お店で人気ナンバー2にまで上り詰めた。その頃にはお店の女の子たちとも仲良く話すようになっていた。よくロッカールームで『入ってまだ一ヶ月ぐらいなのに、人気すごいね』と、よく言われた。
ただ、一人だけ私を無視しだした女がいた。人気ナンバーワンの子だ。
働いて二ヶ月ぐらい経ったある日、新規のお客様の席に座っても他で指名されてすぐに席を外すことが増えていった。こちらとしては新規のお客様も獲得したい。その旨ママに伝えて、指名があっても新規のお客様についてる時はすぐに席を外さないでもらった。そのせいか、ついにナンバーワンになった。お店では最短だと言われた。しかし、順位がナンバーワンになったその日から、働く時の周りの女の子たちに私への態度が変わっていった。ほとんど無視だ。一緒に席についても私の話には反応すらしない。だんだん働きづらさに耐え切れず、私は卒業旅行の費用をたんまり稼いだこともあり、お店を辞めた。
アットホーム?だけど、やっぱり女って怖い生き物、女の世界は嫉妬だらけです。
学生の最後に経験した社会勉強。そして大学を卒業した私はこの経験を活かし、まさに女の世界である航空業界で働き出すことになりました。”

初めての風俗の仕事!

事務員として普通に働いていたのですが、職場の人間関係で辛いことが多くなり会社を辞めました。しばらく働きたくないなぁと思ったのですが、一人暮らしで田舎の両親に迷惑をかけるわけにもいかず、すぐに仕事を探し始めました。

気持ちが弱っていたので、友人に職がなかなか見つからないと愚痴を言ってみると、風俗は楽しいし稼げるよと言われたので、人生経験としてやってみようかなぁという気持ちになり面接に行くと、すんなり面接に受かり初めて川崎で風俗店でのお仕事をすることになりました。

川崎店は友人が以前勤めていたお店で、安心なお店だと言うので不安はありませんでした。不安よりもドキドキして楽しみな気持ちのほうが大きかったです。

話すのが好きで明るいタイプなので、風俗の仕事を始めたら自分に合ってるかもと思うようになりました。色々なお客さんがいるのでお酒の席でもありますし、少し嫌なことはありますが、昼間の人間関係に鍛えられたおかげか、こっちのほうが楽だなぁと思いました。とにかく笑顔で明るく会話をすること、そしてお客さんがどうしたら喜んでくれるのかを考えました。

失敗することはありますが、お店の先輩たちがとても優しくて助かりました。生活費の心配もなくなり、若いうちにしかできないこの仕事をもう少し続けてみたいと思っています。夜の仕事には、昼間の仕事では学べないことがあるなと実感しています。嫌だったらすぐに辞めようと思ったのですが、まさかこんなに自分に合っているとは思いませんでした。